バイアグラジェネリックのカベルタとは

世界中でEDに悩む男性が増えている昨今、インド製のED治療薬のジェネリック医薬品を利用する方が多くなっています。
ED治療薬といえばバイアグラが有名なのですが、何故バイアグラを使わずにジェネリックを使うのでしょうか。
また、なぜインド製に人気があるのでしょうか。
その理由を知る為には、まず医薬品の成分特許について知る必要があります。

caverta003

価格について

製薬メーカーが新薬を開発するのには、莫大な費用と長大な時間が必要となります。
また、新しい医薬品が完成した暁には、その開発費用を回収する必要が生じます。
そこで新薬を開発したメーカーには、新薬の成分や用途に関する特許が与えられ、その特許期間は新薬を専売的に売る事が出来る様になっているのです。
さて、日本においてジェネリックを開発するには、成分特許に加えて用途特許の存続期間が満了になっている必要があります。
1998年に発売されたバイアグラの主成分になるシルデナフィルは、日本において成分特許が2013年に満了になっている様です。
ですが、用途特許は満了になっていない為に、ジェネリックを開発する事が出来ません。

一方、インドでは2005年の法改正までは医薬品に関する物質特許自体が存在していませんでした。
ジェネリックの開発を制限する法律自体が存在しない事から、インドではバイアグラのジェネリックを開発し、販売する事が出来たのです。
つまり、インド製ジェネリックが人気があるというより、インド製しか存在しなかったとも言えます。
さて、バイアグラのジェネリックとして有名な医薬品はいくつか存在します。
カベルタもその一つで、日本においても輸入代行を利用して購入する方が多いED治療薬となっています。
このED治療薬の主成分はバイアグラ同様にシルデナフィルです。

その効果もほぼ同様だと言えるのですが、価格は非常に安く、8錠入り一箱で2千円強となっています。
バイアグラは4錠入りのもので6千円しますので、カベルタは非常にリーズナブルです。
この価格の安さがジェネリックが選ばれる一番のポイントでしょう。
さて、こうしたED治療薬のジェネリックはインドにおいて数多く作られていますが、どの様な製薬会社が製造を行っているのでしょうか。
実は、インド製ED治療薬は世界でも有数のトップ企業が製造している場合が殆どなのです。
カベルタの製造元であるランバクシー・ラボラトリーも大変大きな製薬会社であり、ジェネリック医薬品の部門では世界トップ10に入る大企業なのです。
ED治療薬の部門でも確かな製品作りを行っており、世界保険機構のガイドラインを忠実に守って製造、販売されています。
この事から、カベルタも十分に信頼出来る医薬品だと言えるでしょう。

さて、ED治療薬の購入には、医師の診断書は必要ありません。
個人輸入代行を使えば、他の通販同様に手軽に入手出来ます。
ただし、使用に関しては自己責任となるので医師の診断を受けて、使用しても問題ないか確認した方が良いでしょう。
さて、日本国内ではバイアグラの用途特許が切れてジェネリックが正式に販売される事が期待されています。
一方、インド製のバイアグラジェネリックは既に世界中で使用されて来た実績があります。

いち早くバイアグラのジェネリックを入手したいという方は、カベルタを試してみて損は無いでしょう。

コメントは受け付けていません。 カベルタ