安価で効果の高いカベルタでED改善

カベルタというED治療薬が、安価で手に入って効果が高いという事で、多くのEDに悩む男性に用いられ、喜ばれています。
EDは以前はインポテンツと呼ばれていたのですが、遠い昔から性機能の低下は男性を悩ましていた様です。
インポテンツを改善する方法は世界各地で考案されて来ました。
中国では漢方などに精力増強効果を求めて来ましたし、熱帯雨林地帯の奥地の原住民族はトンカットアリなどの樹木から精力増強剤を作り出していました。
西洋科学においてインポテンツの研究が盛んに行われる様になったのは第二次世界大戦の後です。
1960年代になると動物実験によって勃起の仕組みが詳しく研究される様になりました。
そして1998年、インポテンツ(ED)治療に革命をもたらす医薬品が登場したのです。
それがバイアグラというファイザー製薬のED治療薬です。

バイアグラはそれまでのED改善方法の常識を覆しました。
ペニスの勃起の仕組みを知る事で、バイアグラの革新性を理解する事が出来ます。
ペニスの勃起は、陰茎海綿体に多くの血液が流れ込む事で起る現象なのですが、実はこの仕組みを発見したのはレオナルド・ダビンチが最初です。
ですが、ルネサンス時代の科学では詳しい原理まで知る事は不可能でした。
現代の研究では、脳内が性的な刺激を感じると、cGMPという物質が分泌される事がわかっています。

このcGMPは筋肉を弛緩させる効果と血管を膨張させる効果を持っています。
これによりペニスに血液が流れやすくなり、勃起が起りやすく、かつ持続させる事が出来るのです。
この一方で、射精が行われた後に勃起を鎮める為の物質も存在します。
それがPOE5という酵素で、cGMPを破壊する働きを持っているのです。
こうした仕組みを見ると、cGMPが多く分泌される方が勃起が起りやすいという事がわかると思います。
しかし、cGMPは加齢と共に減少していく事がわかっています。
cGMPが減少すると、勃起を鎮めるPDE5とのバランスが取れなくなり、勃起が起りにくく、また持続出来なくなってしまいます。
実は、これがEDの原因となっているのです。
バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、このPDE5の働きを阻害します。

これにより、少なくなったcGMPが存分に効果を発揮出来る様になり、EDの改善を実現できるのです。
こうした仕組みを見ると、ED治療薬は媚薬とは全く違い、勃起の仕組みに着目した革新的な治療薬である事が理解出来るでしょう。
さて、画期的なED治療薬であるバイアグラと同じく、シルデナフィルを主成分としたED治療薬がカベルタです。
通常、バイアグラの購入は4錠入りの商品で6千円程が相場です。
一方でカベルタはジェネリック医薬品である事から、非常に安価に購入する事が出来ます。
購入先にもよりますが、8錠入りでも2千円程度で購入する事が出来るのです。
服用方法はバイアグラと同じで、空腹時の服用なら30分程で効果が現れます。
カベルタは主成分100mgのものが主に流通していますが、主成分が50mgでも十分に効果があるとされているので、初めての使用には半分にカットして服用する事がおすすめです。
勿論、カベルタは効果もバイアグラと同様なので、非常におすすめのED治療薬となっています。

コメントは受け付けていません。 カベルタ