安くて効果抜群のED治療薬カベルタ

勃起が十分ではないと感じている方は非常に多く、1998年の調査によると成人男性の実に4人に1人が、ある程度EDの症状を持っているという結果が報告されています。
EDに悩む方は年々増えていると言われており、現在ではより多くの方が勃起に関する悩みを抱えていると思われます。
さて、EDに関する調査が1998年に行われた事と、世界初のED治療薬であるバイアグラの発売とは無関係ではないでしょう。
アメリカで1998年に発売が開始されたこの治療薬は、経口によってEDの症状を改善出来る画期的な治療薬として全世界で大ヒット商品となりました。
以前は男性の性機能低下に対して、インポテンツという言葉が使われていましたが、バイアグラの登場によってED(Erectile Dysfunction)という言葉が一般的に認知される様になったことも、この医薬品が如何に注目されたかを物語っていると言えます。
EDには症状によって低度、中程度、完全型に分類されます。
完全型は全く勃起が起こらない状態を指しますが、EDの症状を持つ方における完全型の割合は少なく、勃起するが中折れしてしまう、あるいは十分な硬さが得られないといった中程度の症状を持つ方が多数を占めています。
また、低度と言うのは、たまにではあるが勃起しにくい事があるという状態を指します。
こうして見るとEDという言葉が指す範囲は非常に幅広いと言えるでしょう。
さて、ED治療薬であるバイアグラは、陰茎が勃起を起こす為に必要な神経伝達物質である、cGMPの働きを助ける事により、勃起の起こりやすい状態を作り出してくれる医薬品です。
日本国内では、医師から処方してもらったり処方箋を発行してもらう事で購入することが出来ます。
ただ、バイアグラは新薬である事と、EDは自由診療である事から、治療薬の購入費用は高額なものになります。
購入先にもよりますが、一箱に4錠入ったもので6,000円程が相場となっています。
こうした価格の高さから、バイアグラの購入に踏み切れない方も多いのでは無いでしょうか。
そうした方や、ED治療薬の購入費を安くしたいと考えている方は、個人輸入代行業者のインターネットサイトでカベルタという医薬品を探してみると良いでしょう。
カベルタとはインドの製薬会社が製造しているバイアグラのジェネリック医薬品です。
日本では未認可の医薬品となっていますが、輸入代行業者を通じて個人で購入する事が出来ますし、バイアグラと比べて値段が非常に安価です。
では、その効能はどうなのかと言うと、バイアグラと同様にシルデナフィルを主成分としていて、その効果もほぼ同様だと言えます。
どれくらい値段が安いのかと言うと、8錠入りで2,000円前後となっており、一畳あたりにすると250円程度になります。
先述のバイアグラの値段と比べれば、その安さは一目瞭然でしょう。
使用禁忌に関してもバイアグラと同様となっているので、バイアグラを使用されていた方なら安全に使用する事が出来ます。
また、カベルタの製造元であるランバクシー社は世界的なシェアをもつ製薬会社なので、製品としての信頼度は高くなっています。
カベルタは、EDの悩みを安価に解消したいという方におすすめのED治療薬だと言えるのです。

コメントは受け付けていません。 カベルタ