カベルタなら安心して続けられます

ストレス社会といわれる現代において、EDで悩む男性は年々増加しています。
勃起不全で女性を満足させることが出来ないということは、
男性にとって致命的であり、最も重大な自己否定要因です。
EDで悩む余りにうつ病を患ってしまい、リストラ対象になってしまったり、
自主退職に追い込まれ、人生を棒に振ってしまった男性も多くいます。
EDの厄介なところは、男性機能が使えないことと共に、
なかなか人に言えない、悩みとして打ち明けることができない点にあります。
妻や恋人に告白するなど論外、こうして独り悩み苦しみ、
男性機能だけでなく社会的地位や、順風満帆だったライフスタイルや、
パートナーすら失ってしまう危険性があるのです。
1998年に米国で開発されたバイアグラは、EDに悩む男性達に、
大きな光明をもたらしました。
日本の厚生省もこの時ばかりは異例のスピードで臨床結果を調査し、
わずか半年という短い期間で日本国内での使用を認可した事からも、
EDという症状の重大さがうかがえます。
けれども普通の生活を送る男性達にとって、ネックになるのがその価格です。
新薬開発には莫大な費用がかかる為に、製薬会社としても販売価格が高額になるのは、ある意味仕方がないことなのでしょう。
使いたいが、経済的に負担になるので継続できない。
事実、バイアグラも自由診療になるため社会保険適用は無く、全額負担の薬品です。
そうした問題の救世主となっているのが、俗に言う、ジェネリック薬品です。
バイアグラのジェネリックとして、良く知られているのがカベルタです。
カベルタを製造しているのは、Ranbaxy Laboratoriesというジェネリック医薬品の製薬会社として設立され、特化して成長を遂げたインドの会社です。
インドの会社なのか・・と驚く方もいるかもしれませんが、Ranbaxy Laboratoriesは
日本の第一三共が46億米ドルで買収し、子会社として傘下に収めています。
こうしたことから、ユーザーの間で、安心と信頼感が増幅され、現在では世界125カ国で販売されています。
実際にカベルタの価格は、バイアグラの約十分の一程度です。
EDを改善する為に含まれている成分は、元祖であるバイアグラと同じクエン酸シルデナフィルです。
この成分を錠剤として完成させる製造工法こそ異なりますが、
効果に違いはありません。
必ず食前の空腹時に服用し、アルコールを摂取したりせずに、服用量をきちんと守れば、同じ効能が得られるのです。
服用前にかかり付けの医師に、含有物などについて相談してみると良いでしょう。
あなたが女性なら、恋人や配偶者がEDで悩む姿を見て心をかき乱されることでしょう。
けれども、世の中には解決できない悩みなどないのです。
彼らを優しくいたわり癒しの源になってあげると同時に、カベルタのように経済的にも負担にならない良く効くジェネリック薬品があることを、大切な人のプライドを傷つけないような方法で教えてあげて欲しいものです。

コメントは受け付けていません。 カベルタ