還暦のEDを克服させてくれたカベルタ

今年62歳になる私は、現在新婚生活を満喫しています。
最近は私の様な年齢の者に向けた婚活を行ってくれるサービスが流行っていて、私も二年前にそうしたサービスで3歳年下の女性と結婚したのです。
私も還暦でしたが、やはり妻とセックスを楽しみたいという気持ちはありました。
ですが、その願いを妨げる出来事が起こってしまいました。
新婚初夜にベッドインした所、ペニスが思う様に勃起せずに不発に終わってしまったのです。
歳のせいかな、とも思いましたし、セックスする事を諦めかけた時もありました。
ですが、現在は正常にセックスを行う事が出来ています。
私にセックスする喜びを取り戻してくれたのは、カベルタというED治療薬でした。
このED治療薬を手に入れるまでは、新婚であるにもかかわらず気分が落ち込んでいました。
新婚初夜にセックスに失敗したことが、頭の中に嫌な思い出として残ってしまっていたのです。
そんな私に妻は「一度お医者さんに診てもらったらどうかしら」と言ってくれました。
私はその言葉通りに、医院を営む友達の元へと出かけました。
医師である友人からは「体に悪い所も無いし、年齢から来るEDかも知れないな」告げられました。
加齢によってEDが起こるのはごく自然な事なのだそうです。
また、その時にED治療薬を勧められたのですが、4錠入りのもので6,000円とやや高額でした。
しかし、EDは何とかしなければなりません。
私は、帰宅して妻に相談してから治療薬を購入しようと思い、その場では治療薬を購入しませんでした。
さて、帰宅した私は妻に相談する前に、友人の勧めたED治療薬というものについてインターネットで情報を集める事にしました。
そして情報を収集するうちにわかったのが、ED治療薬にはジェネリック版が存在していて、非常に安く購入出来るという事です。
試しに使ってみるのなら、安い方が助かるな、と私は思いました。
その時分は豪華な新婚旅行を計画していたので、出費を出来るだけ抑えたいと思っていたのです。
そして、ED治療薬の情報を更に探る中で、私が注目した治療薬がカベルタでした。
カベルタは、医師の友人が勧めたバイアグラと同様にシルデナフィルを主成分としていて、価格は六分の一程で購入出来ると知って驚きました。
本当に安全なのかな、と最初はいぶかしく思いましたが、製造元であるインドのランバクシーという製薬会社は世界的な大企業の様ですし、使用者の感想を見ても安全に使えて効果も高い様です。
私はとりあえず買ってみるか、という気持ちでそのED治療薬を購入しました。
さて、実際に薬が届いてから妻に事情を説明した所、「じゃあ早速試してみないとね」と随分乗り気の様でした。
どうやら妻もセックスを楽しみたいと思ってくれていた様です。
私は説明書き通りに食後、時間を空けてからカベルタを服用しました。
するとどうでしょう。
服用から30分後に私のペニスは硬く勃起する様になったのです。
「これはいける」というED治療薬使用者の感想をインターネットで見かけた事がありますが、まさに「いける」感じでした。
まるで若者の様に勃起した私のペニスを見て、妻も驚いていました。
そして、その晩ついに新婚初夜の続きを実現出来たのでした。
それからというもの、新婚旅行にもカベルタを持っていきましたし、今ではもうこの治療薬を手放せません。

コメントは受け付けていません。 カベルタ