カベルタの特徴と入手方法

薬を安く購入する方法といえば、ジェネリック医薬品を選ぶ方法が有名です。
テレビCMでもジェネリック医薬品の紹介がされていますので、広くその存在を知られることとなっていますが、ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れてから、他の製薬会社が同じ成分、効能の薬を製造販売するもので、膨大な開発費が必要ないため、同じ成分、効能でありながらかなり安く購入できるというメリットがあります。
日本ではまだジェネリックが存在しない薬もありますが、海外ではすでに販売されているものも多く、そうした薬は海外医薬品の個人輸入という形なら入手が可能です。
個人輸入というと難しい、面倒というイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、代行業者を利用すれば、特に難しい手続きは必要ありません。
手続きはすべて業者によって代行で行われますので、購入者は代行業者のサイトを通じて、気に入った商品を選び、いつものショッピングと同様に購入手続きを行うだけです。
海外医薬品の個人輸入では、日本ではまだ認可されていないジェネリックを購入する目的で利用されている方が多くなっていますが、特に人気が高い薬にED治療薬のジェネリックがあげられます。
ED治療薬はまだ日本ではジェネリックが販売されておらず、薬の購入費が負担と感じる方もいらっしゃるようです。
ジェネリック、コピー医薬品とされる薬は個人輸入でも様々な種類が販売されていますが、かなり低価格で購入できることもあり、人気となっています。
特に最初に開発されたED治療薬であるバイアグラのジェネリックは充実しており、錠剤のものもあれば、水を使わずに飲めるタイプのもの、早漏防止機能がついたものなど実に豊富です。
そして、選ぶときはできるだけ安全性に優れたものを選んでおきたいですが、カベルタもバイアグラのジェネリックとして注目の高い薬となっています。
製造販売している会社はインドの大手製薬会社のRanbaxy Laboratoriesとなっており、有効成分はバイアグラと同じくシルディナフルクエン酸塩です。
効能については勃起を抑制する酵素の働きを抑制し、陰茎への血流を良くすることで勃起を促進させるというものでバイアグラと同じです。
ただ、製造方法やコーティング剤は違いがありますので、効能には多少の違いはあるとされています。
カベルタの価格は代行業者により違いがありますが、一錠あたり、250円前後で販売されていることが多く、まとめ買いをするごとにさらに安くなる傾向にありますので、価格表はよくチェックして、お得な購入方法を選んでいきたいものです。
それから気をつけたいのは、カベルタの場合は有効成分が100mgとなっており、国内で処方されるバイアグラは25mg、50mgですので、そのまま飲んでしまうと成分が濃すぎる可能性があります。
カベルタを飲む場合はピルカッターで分割するなどして、それぞれに合う量で使用していきましょう。

コメントは受け付けていません。 カベルタ