カベルタはバイアグラのジェネリック医薬品です

世界でもっとも夫婦間のSEXが少なくと言われる日本ですが、結婚前は誰もがそれなりに頑張って来たはずと思うのですが、結婚を機にどうして減ってしまうのでしょう。
結婚する時期になると、丁度仕事にも責任が持たされ精神的にもプレッシャーが多く、自宅に帰るとグッタリと言う人が多いのでしょう。
食事をするのが精一杯で、あとは寝るだけと言うパターンが多くなっているように思えます。
つまり仕事等で精力を使い果たして家まで持続できていないことが原因なのでしょう。
そんな人たちを喜ばせてくれたのが、あのバイアグラでした。
精力剤という不安定なものを飲むより、より確かな薬を服用する訳ですから、安心して購入出来たのです。
まして当初は、病院でのみ購入出来たのですから、安心と信頼もあったはずです。
そんなバイアグラですがさすが先発医薬品と言われるだけあって価格が高めに設定されています。
頻繁に購入することを考えると、ちょっと考えてしまう人も出て来るのではないでしょうか。
健康保険が利くのであれば良いのですが、残念なことの保険外適用になっているのです。
しかし世の中は上手く出来ているもので、このバイアグラのジェネリック医薬品が発売されていたのです。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことで、先発医薬品を真似て作られるものです。
そのため先発医薬品の特許が効いている間は販売されないのですが、唯一例外があり、製造販売されていたのです。
それはインドであり、国事情からこの特許を法律から外していたのです。
2005年からはインドも普通の国の仲間入りをしてこの法律を守るようになりましたが、それ以前では、たくさんの種類のジェネリック医薬品が作られました。
そのジェネリック医薬品のひとつに、カベルタがあります。
カベルタは、バイアグラのジェネリック医薬品と製造販売され、主要成分のバイアグラと同じなことから人気の商品になりました。
と言うのも、バイアグラはレビトラとシアリスと言う新しく製造販売されるED薬が出て来ても、売行き人気度は変らずにいたのです。
それだけ多くの人が愛着を持って服用しているED薬でもあります。
そのバイアグラのジェネリック医薬品になる訳ですから、人気も集中しました。
それは価格の違いに驚きもあるようで、バイアグラは50mgで1錠1,300円程度です。
しかしカベルタは、100mgで1錠150円ほどで購入出来るのです。
ここで10分の1ほどの差になっていますが、大きさを考え服用量を考えて1回50mgに換算すると更にその半額の80円と数字になってしまいます。
これだけの差額が出てしまうと、どんな人でも心が動くこと間違いと思われます。
このカベルタの販売先は、個人輸入代行業者になります。
インターネット上での買い物になりますので、業者選びだけは慎重に行なうようにしたいものです。
正規品の販売が出来ている業者、信頼の出来る業者を見つけることも大事な作業になります。

コメントは受け付けていません。 カベルタ