薬の副作用とジェネリック版ED治療薬

皆さんは薬を服用する時に、どんな事を気にされるでしょうか。
当然効き目については気になる所ですね。
効き目の他にもう一つ気になるのが副作用ではないでしょうか。
例えば風邪薬を服用する場合、眠気が起こらないかどうかは気になる所です。
近年は眠くなりにくい風邪薬も登場しているので、効果が同じならそちらの方を選ぶ方が大多数なのではないでしょうか。
ただ、人体は非常に複雑かつ精密な組織で構成されていて、そんな複雑な組織に医薬品が組織に影響を与えれば、何らかの副作用が起きてしまう事は致し方の無い事だとも言えます。
さて、男性機能の低下した状態を指すEDという言葉があります。
EDは、性的興奮にたいしてペニスが正常に勃起してくれないという状態一般に対して使われる名称です。
ですので、完全に勃起が起こらないという症状から、勃起はするが挿入後に萎えてしまう中折れを頻繁に起こす中程度の症状まで、EDの指し示す範疇は広範なものになります。
このEDの症状を一時的に緩和して、勃起が起こりやすい状態にしてくれるのがED治療薬です。
バイアグラに代表されるED治療薬も、医薬品であり副作用を持っています。
バイアグラの使用者からは、顔の火照りを感じたり腹痛や頭痛を感じるといった副作用が報告されているのです。
バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、PDE5という酵素の働きを阻害して勃起を起こりやすくする仕組みを持っているのですが、このPDE5はペニスだけでなく体内の他の部分にも存在しています。
ですので、ペニス以外の部位にも何らかの影響が出てしまう事は致し方ない事だと言えます。
ただ、使用者の中には副作用を殆ど感じないという方もいらっしゃるので、副作用の出方に個人差はある様です。
また、バイアグラにはリピーターが多く、ED治療薬が副作用を気にさせない程の高い効果を持っている事も事実です。
ただ、バイアグラは新薬であり、購入費用ははやや高額となります。
4錠入りのバイアグラの値段は6千円ほどとなっています。
この事から、リピート使用を躊躇してしまう方もいらっしゃいます。
そんな方にお勧めなのが、バイアグラのジェネリック版であるカベルタです。
ED治療薬にはインド製ジェネリックが存在しており、日本でも愛用する方が多くなっています。
カベルタもそんなインド製のジェネリック版ED治療薬なのです。
ランバクシーラボラトリーというインドの大手製薬会社が製造するこのED治療薬は、バイアグラ同様にシルデナフィルを主成分としていて、効果はほぼ同様となっています。
また、気になる副作用についてもバイアグラと同様と考えて良いでしょう。
ですので、一度バイアグラを使われた事のある方なら使用して問題は無いといえます。
驚くべきはその価格で、8錠入り1箱のもので2千円程度で購入出来ます。
バイアグラと比べて6分の1程度の値段で、同様の効果を持つED治療薬が購入出来てしまうのです。
バイアグラを使用した事の無い方も、医師に相談してゴーサインが出れば、カベルタを使用して問題ないでしょう。

コメントは受け付けていません。 カベルタ