カベルタはインドで作られたバイアグラのジェネリック医薬品

バイアグラには実は色々なジェネリック医薬品があるのをご存知ですか。
シラグラやべネグラなどがそれに当たりますが、中でも本家のバイアグラと比べて2倍の濃さが特徴的なのがカベルタというジェネリック医薬品です。
カベルタはインドの製薬会社によって作られたジェネリック医薬品で、有効成分はバイアグラと同様のクエン酸シルデナフィルとなっています。
クエン酸シルデナフィルは勃起を阻害する酵素の生成を防ぎ、海綿体の血管を拡張、血流を増加することで勃起しやすい環境を整えてくれる効果が期待できるのです。
しかし薬の効果は添加物や化合物などの影響で変わってきてしまいます。
その点に注目して、効果を最大限生かすように精製されたのがカマグラなのです。
そのためバイアグラに比べて効果の現れ方や現れる時間などが微妙に異なります。
カベルタの効果は服用後約15分ほどで現れ始め、約一時間でピークに達します。
持続時間は5時間ほどで、常に勃起が続くというわけではなくいつでも勃起できる体制が整うといった感じになります。
ただしバイアグラと同じ有効成分を使用しているので、心臓や腎臓などの薬などとの併用は危険ですし、ニトログリセリンとの相性はとても悪いという服用の注意点は同様となります。
この点を理解していないと命の危険もあるので注意が必要です。
また食事の影響を受けやすく、満腹時には効果が出にくいという点も同じです。
服用は空腹時か食後一時間以上たってからが理想的となります。
また飲酒の影響も受けやすいので、服用前後にお酒を飲むことも控えた方が効果を得やすくなります。
ところでこの治療薬の最大のメリットといえば、何といっても価格面でしょう。
バイアグラは一錠あたり2,400円程度ととても高価なのに対し、この薬は一錠あたり240円程度と、わずか10分の1の値段で購入ができるのです。
クエン酸シルデナフィルが自分の体質に合うのかどうか、また効果の度合いはどうかなど試してみるのにはまさに最適な価格といえるでしょう。
さらにうれしいことにインドの製薬会社とはいえ、日本の製薬会社である第一三共と連結子会社の契約を結んでいる安心のおける製薬会社というメリットもあります。
海外の医薬品はなんとなく手が出しにくいなんて不安を抱える人でも、日本の製薬会社と契約している子会社であれば安心感を持つことができます。
カベルタを購入するためには、個人輸入サイトを利用することが最適です。
残念ながら日本ではまだバイアグラジェネリックの認可がされていません。
ですので一般的な医療機関で手に入れるのは難しいのです。
しかし個人輸入サイトなら、通常のネットショッピングのように医薬品を輸入することができます。
本人での使用に限られますが、医師の診察もいらずに簡単に海外医薬品を購入できるので、手間も時間もかかりません。
男性としての自信を取り戻すために、EDに悩まされたらまずカベルタでクエン酸シルデナフィルの効果を試してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。 カベルタ