医薬品の特許とインド製ジェネリックの関係

新しい医薬品には物質特許や用途特許など複数の特許権が認められています。
医薬品の開発には10年以上の期間が必要となりますし、開発費用も100億円以上かかる事が一般的です。
製薬メーカーが成果に対する報酬を十分に受け、開発費用を回収するためにも新薬の特許権は無くてはならない存在なのです。
さて、ED治療薬も比較的最近登場した医薬品であると記憶されている方も多くいらっしゃるでしょう。
世界初のED治療薬であり、現在でもED治療薬を代表する医薬品がバイアグラです。
日本において2014年までは、このバイアグラの主成分であるシルデナフィルの用途特許が有効となっていました。
今後は日本国内でバイアグラのジェネリック版が登場すると目されています。
バイアグラは新薬である事と健康保険の適用が受けられない事から、購入には1錠あたり1,500円が必要でした。
こうした事から、ジェネリックの登場を待ちわびている方も少なく無いと思います。
ただ、日本の製薬メーカーからはバイアグラのジェネリックに関する正式なアナウンスはされておらず、実際にジェネリックが発売されるのはいつの事かわかりません。
ところで、世界的には既にかなり前からバイアグラのジェネリック版が流通しているのをご存知でしょうか。
特にインドでは複数のジェネリック版ED治療薬が製造販売されています。
インドでは2005年の法改正以前は医薬品に関する成分特許が認められていませんでした。
これにより、特許権を気にせずにジェネリック医薬品を開発する事が出来たのです。
カベルタもそうした状況下で生み出されたED治療薬です。
ランバクシー社という製薬メーカーが手がけたこの治療薬は、シルデナフィルを主成分とするバイアグラのジェネリック版となっています。
効果はバイアグラとほとんど同じでありながら、半額近い値段で購入する事が出来ます。
カベルタは日本では未認可の医薬品ですが、購入する方法は存在しています。
個人輸入代行業者を利用すれば誰でも簡単に購入して使用出来るのです。
個人輸入なら、国内未認可の医薬品購入及び使用は合法なのです。
インターネットには、こうした個人輸入代行での医薬品購入や使用を危険視したり、注意喚起しているウェブサイトも存在しています。
しかし、日本で認められていないからといって危険な医薬品だと考えるのは狭量な考え方ではないでしょうか。
また、こうしたインド製ジェネリックに対して、新薬を製造したメーカーの権利を侵害しているのではないかという意見もある事でしょう。
確かに、個人輸入で購入した医薬品の使用は自己責任で行わなければなりません。
ですので、日本政府からの保障を受けられないというリスクはあります。
ですが、高額な新薬を購入出来ない方がおられるのも事実です。
また、世界的に見ればインド製ジェネリック医薬品に救われている貧困国の方は多くいらっしゃいます。
インド製ジェネリックの品質は確かなものですし、勿論カベルタも安全なED治療薬です。
自己責任である事を了承した上で使用するなら、カベルタは安価でありながら高い効果を提供してくれます。
ED治療薬とジェネリック医薬品に関する知識を身につけて使用するなら、カベルタはED対策にきっと役立つでしょう。

コメントは受け付けていません。 カベルタ