カベルタの効果を高めるためのコツ

バイアグラのジェネリックであるカベルタは飲み方によって効果が変わってくるので、正しい用法・用量を知っておきましょう。
個人輸入代行サイトで販売されているものは100mgとなっており、日本のバイアグラ50mgの2倍の量です。
そのため、そのまま服用すると効果が強くなる可能性がありますので、半分、または4分の1に割ってのむといいです。
最初は4分の1の25mgからはじめて、十分な効き目があればこの量で問題ありません。
効き目が弱いと感じたら50mgまで増やせますが、それ以上は増やさないほうがいいです。
ED治療薬全般に共通するのは、空腹時に飲むことで本来の効果を発揮できることです。
食事の影響を受けにくいのは事実ですが、少なからず効果は弱くなりますので、空腹時に服用してペニスが完全に硬くなったら、性行為に移行します。
お腹が減っている場合は、薬の効果が出てしまえば食事しても問題ありません。
飲むときは水を使用するのが一番よいので、少し多めの水を用意してください。
たくさん水を飲むと薬効が弱くなると言われる方もいますが、これはまったくの逆なのです。
カベルタは腸内で吸収されますので、一気に腸まで流し込んでしまったほうがいいのです。
アルコールで飲まれる方もいますが、この手の薬は血行を促進するため、お酒の回りが早くなってしまう可能性があります。
お酒に弱い方だと、ベロベロに酔って性行為どころではなくなるため、お酒で飲むのは避けたほうがいいです。
カベルタは体調によって効き目に違いが生じますが、これは当たり前のことです。
どんな薬にも言えますが、体調が悪いときは効きにくいのです。
そのため、「ペニスの元気がいい」と感じるときほど、十分な効果を実感できます。
風邪をひいていたり、過度の疲労でバテていたりする場合は、そもそも性行為をするタイミングとしては適していません。
性行為をするかどうかは、あくまで自分の体調を見ながら自分で判断することです。
「今日はやりたくない」と思ったら、無理をしても充実した性行為は行えないものです。
体調がいいときは、2回、3回と連続して行っても問題ありませんので、性行為をするときもなるべく体調のいいときを選んでください。
バイアグラのジェネリック医薬品には、カベルタ以外の商品もありますが、内容成分はまったく同じとなっています。
味については若干異なるため、好みで選ばれている方が多いですが、水で流し込んでしまうので大きな違いはありません。
カベルタは1錠200円以下で購入できるお手軽さが支持されています。
正規のED治療薬の相場は、1錠1,000円未満になることは少ないため、その5分の1以下で購入できるのは嬉しいものです。
さらに外国人向けに製造されているので、用量は日本向けよりも多くなっています。
ピルカッターで割って飲むことを考えれば、1回あたりの費用は100円以下に抑えることができるのです。

コメントは受け付けていません。 カベルタ