性欲はあるけど反応しない体にカベルタ

性欲が落ちたならともかく、性欲があるのに体が反応してくれないことほど男性にとって辛いことはありません。
たまたまならまだいいですが、毎回ともなるとそれこそ男のプライドにも関わることなのでパートナーには知られたくないし、かといって同性相手でも簡単に相談できるような悩みでもないのが困るところです。
そこで多くの男性が誰にも知られることなくED治療に活用しているのがカベルタという医薬品です。
カベルタは、ED治療薬として知られているバイアグラのジェネリック品として誕生しました。
要するに、バイアグラとは製造会社は異なるものの同じ成分で製造されているため、バイアグラと同じ効果を得ることができるED治療薬だということです。
では、何故わざわざバイアグラではなくカベルタを選ぶ必要があるのかということなのですが、そこには薬価の安さがあります。
ジェネリック医薬品の最大の特徴ともされるのが1錠あたりの薬代が安いということなのですが、その薬価はジェネリック品の製造の元とした新薬と比べても5分の1~3分の1程度は安くなるとしています。
新薬では有用成分となり得る物質の研究からはじまるので何百億という開発費用が掛かりますが、ジェネリック医薬品では新薬で有用性が認められている成分をそのまま使って製造するため開発費用が数千万円程度まで抑えることができます。
よって、安く提供することができるというわけですね。
新薬は薬代が高いので思うように利用できないという人も少なくはありませんが、ジェネリック医薬品なら経済的に不安定な人でも無理なく利用していくことが可能として多くの方に選ばれています。
カベルタはジェネリック品の製造に関しては世界10位内の実績を持つインドのRanbaxyLaboratories社が製造しています。
有用成分はシルデナフィルですが、シルディナフィルは食事の影響を受けやすいため空腹時の服用が勧められています。
服用30分~1時間を目安に発現するとされ、効果は3時間~5時間持続します。
循環器官に作用するため頭痛、ほてり、発熱といった副作用も確認されていますが、用法用量を守って服用する限りはいずれも強い副作用ではありません。
世界で初めてED治療薬に利用された有用成分なので、長い年月の中で効果や安全性は確実に保証されています。
ただ勘違いしてほしくないのは、あくまでも医薬品だということです。
興奮剤や勢力強壮剤ではないので、正しく服用すれば安全で効果的な薬ですが誤った服用をすれば健康被害も避けられないでしょう。
また、併用禁忌薬もありますので、他の薬を服用している方や特定の疾患を抱えている方は服用に注意しなくてはなりません。
この注意点もバイアグラと同様ですので、医師の診察を受けてバイアグラの服用が許可されていればカベルタも服用できます。
安全性を考慮して、一度は医師の診察を受けてから購入を考えてみたほうがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。 カベルタ