ジェネリック先進国のインドが製造するカベルタ

インドと言えば、まず日本人が真っ先に想像するのがカレーです。
確かにインドと言えばカレーライスやスパイス等の食文化が知れ渡っています。
ところが今では食文化以上に注目されているのが、ITと医療の分野です。
インドは元々優れた数学者を生んでいる地域で、国民の数学力には定評があります。
今ではその理系の底力が、IT産業やジェネリック医薬品の製造に応用されており、特定の分野に限っては米国や日本を軽く上回ると考えられています。
特に近頃、インターネットユーザーの間で注目されているのが、インド製のジェネリック医薬品です。
欧米の社会とインド国内の事情は異なっており、医薬品の開発や製造が非常に円滑に進めやすいという土壌があります。
そのため、ED治療薬のジェネリックも、その大半がインド製です。
今では三大ED治療薬と言われるレビトラ、バイアグラ、シアリス全てに、ジェネリック医薬品が開発され、市場に普及しております。
残念ながら日本国内にED系のジェネリックが浸透する日はまだ遠いようです。
薬事法という壁があり、なかなか日本人が自分の好きな海外製医薬品を、気軽にゲットできる未来はまだ先になります。
ただ今日でもある方法を使えば、お得なジェネリックであるカベルタなどを、国内から入手する事が可能です。
その方法とは、いわゆる海外製医薬品の輸入代行になります。
この手段を使えば合法的に海外で限定的に販売されているED治療薬も、個人の手で簡単にゲット出来ます。
ただ、素人だけで医薬品の輸入を進める事は、現実的に不可能に近いので輸入代行サービスのお世話になるのが一般的です。
最近ではED治療薬を扱う個人輸入代行サイトが豊富にあります。
カベルタを扱うお店も充実してきており、気軽に品物を注文できます。
米国製のバイアグラは1錠あたりが、ちょっとお高くなっています。
ところがジェネリックのインド製ED治療薬ならば、お得なコストで買えます。
輸入品はどうしても、時の相場や円の強さなどに左右される面がありますが、基本的に先発薬が1500から2000円という価格帯に対して、カベルタなどの後発医薬品は、主に300から400、500円になります。
つまり費用対効果を求めるなら、迷うことなくジェネリックです。
カベルタを例に取って挙げれば、主な成分と効用が継続する時間は、先発薬のバイアグラと全く同じです。
完全にバイアグラの代用品として、使う事も可能ですが、注意したいのは、作用が現れるまでの時間差です。
バイアグラが30分で始まるのに対して、カベルタは60分が目安になります。
限りなく同じ商品なのですが、この点にはチョットした違いがあるので、後発医薬品を服用する時は、セックスを始める1時間以上前に、服用した方が良いでしょう。
ただ個人によっては、バイアグラ同様に、早い段階からビンビンと効果が現れてくるので、それ程、神経質に時差を、計算しない方が良いというアドバイスも多いです。

コメントは受け付けていません。 カベルタ