カベルタ効果でもう一度素敵な性生活を

バイアグラと言うED薬のお世話になっている男性陣、世には大勢いると思われます。
そんなバイアグラ、2014年になり特許期間が切れることで、ジュネリック医薬品の発売が出来るようになりました。
薬の料金が安くなることは、嬉しいことですよね。
こう記すと、すでに発売されているバイアグラのジェネリック医薬品はニセモノ?
と疑ってしまう人も出て来ると考えられます。
しかし特許期間内にも実際に発売されていたのは、事実です。
カベルタとかカマグラと言った何種類ものジェネリック医薬品が発売されていたのですが、これら薬が作られていた国が、すべてインドになるのです。
インドでは、2004年までの法律でこの特許を認めないとされていたのです。
人口が急増し、貧困であったこともあり、このような法律が認められていたと言う国の事情もありました。
ですから2004年までには、数多くのジェネリック医薬品がこの国で作られ、ジェネリック大国でもあったのです。
ですからバイアグラのジェネリック品と言うものがあっても、決してニセモノではないのです。
基本的に成分や効果が同じと言われるジェネリック医薬品ですが、大きな特徴は価格の安さにあると考えられます。
例えば、バイアグラを病院で診察を受け、処方箋を書いてもらい調剤薬局から購入する場合ですと、1錠(50mg)、1,300円から1,500円程度と言われます。
これをインターネット通販で購入すると、1錠(100mg)でも、1,000円から1,200円ほどと言われます。
この場合、大きさから考えても半額以下になっています。
しかしカベルタと言われるジェネリック医薬品にすると1錠当たりの価格が130円から150円と、なんと10分の1程度の価格にまでなってしまいます。
ここまで単価差が出てしまうと、誰もがジェネリック医薬品の購入をしてしまいそうですね。
ですがこのジェネリック医薬品は、日本ではまだ認可されていないことから、一般での販売になっていません。
そこでカベルタのようなジェネリック医薬品を求める時には、インターネットを利用した個人輸入代行に頼ることになります。
自分でも個人輸入することは可能ですが、英語の解釈であるとか手続きなど面倒なことも多く、その疲労度を考えると個人輸入代行に依頼することが、手間も費用も無駄にはならないと考えられます。
あとこの個人輸入代行で注意することは、インターネット上には多くのサイトが展開されています。
新規業者から古くから営業している業者まで、たくさんのサイトを検索出来ます。
その中から、いかに信頼が出来安心して薬を購入出来る業者を選び出すのかが、問題になって来ます。
安価だからと言って、不良品やニセモノをつかまされてはいけないのです。
信頼の出来る業者から、正規品の購入をするようにして下さい。
そして素敵な性生活を楽しんで欲しいものです。
諦めていた世界が、もう一度戻って来るのですから、こんな嬉しいことはないはずです。

コメントは受け付けていません。 カベルタ