カベルタの正しい服用法・使用方法

カベルタの正しい服用法などを記す前に、まずこの薬がどういうものなのか記しましょう。
この薬は、正しく服用すれば7~9割の人へ効果があったという、臨床試験でも効果の証明されたバイアグラと同じ効果のある薬品です。
バイアグラは知る人の多い、EDの治療薬として製造・販売されてます。
正しく服用すればというのは、誤った服用の仕方をすれば効果が全く得られないからです。
それは、タイミングの問題なのですが、非常に重要なこととなります。
さて、この薬を飲んで最大限の効果が現われるのは、服用してからほぼ1時間半後です。
この時間帯がピークで、カベルタを服用してから1時間が性交渉をするのには、最適な時間帯となります。
この薬は服用してから30~40分ほどで効果が現われ始めて、持続する時間は約5時間ほどとなるのです。
ですから、服用してから1時間経過すれば万全な状態といえるでしょう。
しかし、効果の継続する時間が5時間あると記しましたが、血液中の濃度がピークとなるのは服用してから、1時間半後なのです。
この時間帯に性交渉をするようにタイミングを計れば、ほぼ間違いなく最大の効果を得られるでしょう。
これが、最も効果的な使用法です。
そして、効果のある時間帯に性的な刺激があれば、勃起状態を維持できます。
それは、勃起不全症の改善効果も現われるのですが、性刺激が全くなければ陰茎が勃起することはありません。
この点は、非常に重要です。
次に、効果の高くなる服用のタイミングですが、食前が一番いいタイミングとなります。
この薬剤は、食事の影響を受け易いのです。
食事をすると、薬の吸収率が悪くなります。
吸収率が悪くなれば効果も現われ難く、特に油っこい食事をすると影響が大きくなるのです。
それは、胃へ油の膜ができるからでして、それ故に食前に服用しなければ効果が出ません。
ところで、うっかりして服用前に食事をした場合ですが、油分の少ない食事内容であれば、2時間ほど経過してから服用すれば大丈夫です。
もし、油分の多い食事内容だった場合は、できる限り時間を空けて服用すればいいでしょう。
また、カベルタを使用する際にどうしても食事をしたい場合は、食事をする前の30分~1時間前に摂取するようにしなければなりません。
これは、製薬会社でも勧めてることで、薬剤はほぼ30分で身体へ吸収されるからです。
それから、飲酒の注意点があります。
酒量が過ぎると、勃起不全症は悪化するのです。
それは、感覚が身体中で鈍るのが、悪化する原因といわれてます。
身体の感覚が鈍くなれば、勃起中枢神経まで鈍くなるのです。
これは、如何に薬の力があろうと、無理があります。
飲酒するのであれば、リラックス効果を得られる分量が望ましいのです。
その量の飲酒であれば、性欲増進効果もあります。
勃起不全症の治療効果もある場合があるといわれてますから、ほどほどの飲酒であれば何の問題もないでしょう。
以上、これらの注意点をしっかり守れば、カベルタの最大限の効果を得られます。

コメントは受け付けていません。 カベルタ