長年夫婦円満で過ごす事が出来るのはカベルタのお陰です

20代・30代前半では性的能力も十分で職場で嫌な事があっても、仕事のプレッシャーや人間関係の軋轢があったとしても、パートナーを満足させるだけの能力があるでしょう。
しかし30代後半あるいは40代くらいになれば「パートナーとの夜の勤め」でも少しずつ、勃起する事が出来なくなったり、あるいは勃起はするけれども出来ても中途半端であったりしてパートナーを満足させる事が出来なくなって来る場合も出てきます。
短期間であれば人間ですから仕方がない面もありますが、それが長時間となれば話は別です。

つまり、セックスパートナーとしてだけでは無く、日常生活の面であっても問題が出てきてしまう可能性があるという事です。
例えばパートナーとの会話が著しく減ったとか、仕事から帰宅しても笑顔を見なくなったという場合には、自分は勃起不全症かもしれないと認識して対応策を講じなければなりません。
すると、バイアグラという余りにも有名になっている勃起不全治療薬を使用すれば良いのかと考えてしまいがちです。

お金に余裕がある家庭であれば良いかも知れませんが、そうでない場合にはバイアグラの価格は余りに高すぎます。
ある販売業者のデーターを見ると日本の医療機関から調達した場合にはバイアグラ50mg(1錠分)の価格は1300円程度し、医薬品の輸入代行業を使用した場合には最も安いショップで100mgが1050円前後からです。
1週間に3回セックスをすると最安値で考えて、約1050円X3回/週X4週間で約12600円という事になります。
先日消費税が8パーセントになり日々の生活のやり繰りが難しい所にこれでは、困惑してしまって当然です。
しかし今日日ではテレビコマーシャルでも見かけるようにジェネリック医薬品を利用出来る時代になっており、勃起不全治療薬のカベルタも例外ではありません。
カベルタはバイアグラのジェネリック医薬品であり最安値では1錠130円前後ですから、これであれば何とか手が出るでしょう。

ただカベルタは日本では発売していませんので、海外で製造している国から個人輸入という形で入手する事になります。
トラブルを避けたい場合には個人輸入代行を生業とする企業を利用して、入手するのが最も簡単で確実です。
それでは、この薬を製造している企業と薬理作用について説明しておきます。
カベルタはインド国内では勃起不全治療薬の製造・販売を行なっている先端的な企業であり、世界に7拠点の工場があり、勃起不全治療薬以外の薬も扱っている企業です。
この薬はPDE-5(ホスホジエステラーゼ-5)という物質が作用している場合には、細胞の中にある環状グアノシン一リン酸(Cyclicguanosinemonophosphate)を分解してしまうので、ペニス内部にある陰茎海綿体へと血液を送り込む事が難しくなります。
つまりPDE-5を意図的に阻害すれば、陰茎海綿体に血液が送り込みやすくなるので、ペニスが固く勃起しやすくなるという訳です。]

それを行う為には、カベルタを飲みPDE-5を阻害させ勃起する能力が高め、そこにパートナーの裸等の視覚からの性的刺激・パートナーが香水等を使っていれば嗅覚からの性的刺激等も加わり、更に勃起しやすい環境を作り出す事が出来ましょう。

ですから性的刺激がなければ、いくら当該の薬を飲んでも勃起する事はありませんし、不必要な場面で勃起して恥ずかしい思いをする事はありませんので便利です。

コメントは受け付けていません。 カベルタ