ED治療薬のジェネリック医薬品は安全?

ED治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3つが存在します。
中でもED治療薬として最も有名なのはバイアグラですね。
バイアグラは1998年に世界初のED治療薬として誕生しました。
その後にレビトラが続き、シアリスが一番最後に開発されています。
この2つも有名なED治療薬ですが、バイアグラの知名度には適いません。
さて、人によっては「ED治療薬ってこれだけ?
もっとたくさん出ていなかったっけ?」
と疑問に思われた方もいるでしょう。
事実、バイアグラ、レビトラ、シアリスのほかにもED治療薬は存在します。
ただしそれらは、この3つのED治療薬のジェネリック医薬品として開発されたED治療薬であり、世界で認可されているものではありません。
ジェネリック医薬品とは、新薬に基づき開発された後発医薬品のことです。
バイアグラを例としてみましょう。
バイアグラはアメリカのファイザー社が開発したED治療薬ですが、バイアグラを新薬とします。
開発をした新薬(バイアグラ)には医薬品特許というものがかけられるため、この特許により開発社であるファイザー社の権利を守ります。
また、新薬の開発には約500億かかるとされており、この費用の回収をするのはもちろん、かかった開発費用以上の利益を生み出す必要があります。
そのため特許期間中は、バイアグラの成分と製法方法をファイザー社が独占して単独製造・販売をすることが可能となっています。
ただ、この特許期間が切れたら、ファイザー社以外の製薬会社が同じ成分と製法を用いてバイアグラと同じ作用を持つ医薬品を製造して販売してもいいとしているのです。
ここで生み出されるのがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は新薬に基づき製造されるため、基本的には新薬と同等の品質・作用・効果がありますが、開発費用は数千万円程度ですので、その差額が薬価の差額として現れます。
要するに、ジェネリック医薬品なら新薬に比べて3分の1~7分の1程度安く購入できるというわけです。
ちなみに、バイアグラという商標名はファイザー社のものですので、ジェネリック医薬品には異なる名称をつけなくてはいけません。
バイアグラのジェネリック医薬品の商標名にはたとえば、カベルタ、シラグラ、タダリスなどがあります。
中でもカベルタはインドのランバクシー社によって製造されているのですが、インドの最大手とも言える最大の製薬会社ですので安心して利用できるジェネリック医薬品となっています。
ただし、これらバイアグラのジェネリック医薬品は、バイアグラとは異なり世界で認可されているED治療薬ではなく、製造国であるインド国内のみでの認可となっています。
日本では医師の処方を受けて入手するという正規購入はできませんが、それでも個人輸入でカベルタを購入して愛用している日本人男性は大勢いるため、バイアグラの効果を経済的に得たいという人はカベルタを利用してみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。 カベルタ