性欲だけでは性行為は行えない

性欲があれば性行為が行えると思うかもしれませんが、それができない場合もあるのです。
どんなに性欲旺盛でも、勃起しなければ挿入できないので、途中で挫折してしまうでしょう。
性欲がなくて性行為ができないならば諦めもつきますが、性欲が強いのに何もできないのは辛いものです。
夜の営みの問題は、パートナーとの問題でもあり、自己都合で片付けるべきものではありません。
パートナーが性行為をのぞめば、それに極力応える必要があるため、ED治療も検討しなければいけません。
最も確実なED治療は、バイアグラなどのED治療薬の服用ですが、非常に値段が高いので気軽に手は出せないでしょう。
1錠1,000円以上かかるのですから、週に3回のペースですと3,000円にもなります。
これを月、年単位で見てみると相当な金額になり、節約のために性行為を我慢するようでは本末転倒です。
しかし、レビトラ、シアリスといったED治療薬は、バイアグラよりもさらに高くなっており、1錠1,500円超えが当たり前となっています。
カベルタはそんな方のためのED治療薬で、バイアグラの後発医薬品(ジェネリック)です。
成分特許という概念のないインドでは、バイアグラと同様のジェネリック医薬品の製造が可能です。
同じ成分を使用していても、研究・開発に要する必要は劇的に安くなり、その費用は数百分の1とも言われています。
安く製造できるメリットは、薬価にそのまま反映されますので、バイアグラとは比較にならないほど安く販売することが可能なのです。
薬というのは原価はわずかであり、ふだん私たちが服用している薬が1,000円だとしたら、原価は100円にも満たないのです。
研究・開発に要する費用を相殺するために、特許期間内は高く販売されるわけです。
その間は他社では同じ薬を製造できませんので、一定の利益を得ることができます。
やがて特許が切れると、他社でも同じ成分の薬を製造できるようになり、これがジェネリックと呼ばれるものです。
ジェネリック医薬品は非常に安く入手できるため、不況になるほど需要が高まります。
インドでジェネリックが認められているのは、貧富の差が激しく、貧しい人が多いため、薬代の負担を軽減することが目的なのです。
他国ではジェネリックの製薬はできませんが、個人輸入というシステムを使えば、日本に取り寄せることができるのです。
バイアグラと同じ効果・効能を期待できるカベルタは、ネットの個人輸入代行サイトで買うことができます。
価格は購入する単位によりますが、高くても1錠300円くらい、たくさん購入すれば100円台まで安くなります。
利用者のコメントを参考にすると、「バイアグラと同じ」と答えている方が多いです。
100円台という格安価格で、同等の効果を期待できるのですから、いちど服用すれば手放せなくなるようです。
用法・用量もバイアグラと同じなので、飲みやすいというのも人気の理由です。

コメントは受け付けていません。 カベルタ