ジェネリック医薬品のカベルタについて

カベルタは、バイアグラのジェネリック医薬品でインド製です。
有効成分はシルデナフィルで、ファイザーが開発したED治療薬や動脈硬化の治療薬として製造されている物です。
最近は、ストレスなど心因的な物が原因でEDで悩まれている男性の方も、日本国内で増えて来ています。
EDの原因はその他にも、高血圧などで起こるものや、薬の副作用、などなど多種にわたります。
EDでいるのは男性としてとても辛いことだと感じます。
いつまでも若々しくいるための重要な要素の一つが男性器が健康であることだと思います。
そんな、EDの悩みを解消してくれるのがカベルタです。
カベルタの製造をしているのが、インドのランバクシー・ラボラトリーズ社です。
1937年に塩野義製薬の販売代理店として始まり、1961年に製薬会社として設立されました。
インド最大級の製薬会社で、世界8カ国に製造拠点を置き、150カ国で販売をしています。
ジェネリック医薬品の販売では、世界トップテンに入る信頼できる会社です。
2008年に第一三共が買収をしていますが、現在はインドの最大の製薬会社で世界第五位のサンファーマに株式譲渡をしており、サンファーマの子会社となっています。
効果は、バイアグラと同じです。
人間はいつも勃起していると不都合な状態なので、勃起を抑制する酵素が働いています。
EDの方はその酵素が働きすぎているために、勃起不全の状態になってしまいます。
バイアグラはその酵素の働きを阻害する効果がある医薬品です。
ただ、人間の体は性的な興奮が合って初めて脳が勃起の指令を出しますので、薬を服用しただけでは、勃起しません。
服用に最適なのは、空腹時の性行為をする1時間前に1錠服用します。
大体30分程度で血中濃度は最大になり、約4時間ほど効果があります。
バイアグラとの最大の違いは、ジェネリック医薬品の特徴である、価格がとても安く済むという点です。
バイアグラ100mg4錠1箱で大体の価格ですが000円位です。
1錠辺り1500円以上します。
ただ100mgは欧米の方のように、身体が大きい方向けに作られているため、日本時の一般的な体型の方の場合は約半錠で効果が期待できます。
そうなると一回当たりの使用額が750円程度です。
これが、カベルタになると100g8錠入りで2000円位で済んでしまいます。
これをバイアグラと同じように一回当たりに換算すると、125円程度で済んでしまいます。
約1/6の費用で、バイアグラと尾内効果の薬を手に入れる事が可能です。
バイアグラは経済的に難しい方には特にお勧めできる薬だと思います。
購入方法ですが、国内では販売されていないために、個人輸入で購入するしかありません。
その時に注意が必要なのが、海外医薬品を100%正規品で取り扱ってくれている仲介業者から購入することです。
そういった業者は、きちんとした対応をしてくれているので安心して、薬を購入することが出来ます。
EDで悩まれている方には、カベルタはお勧めできる医薬品です。
1度試されてみてはどうでしょうか。

コメントは受け付けていません。 カベルタ