バイアグラのインド製ジェネリック医薬品カベルタ

インド製のバイアグラジェネリックであるカベルタは、シルデナフィルを有効成分として含有しています。
これはカマグラやシラグラ、ぺネグラと同様の有効成分です。
ED治療薬というとバイアグラがメインで取り上げられますが、この他にも、レビトラやシアリスと、現在3種類のED治療薬が存在します。
インド国内においても、ED治療薬品でジェネリックというと、まずトップに挙げられるのが、バイアグラのジェネリック医薬品です。
バイアグラは発売当初から注目を集めており、なおかつ画期的な薬であったことから、ジェネリックでもその人気は、他の医薬品とは大差を付けている証しなのでしょう。
カベルタを生産しているのは、インドに本社がある製薬会社、ランバクシーラボラトリーズ社です。
現在では製造工場は世界7ヵ国にあり、販売される先は、全世界125ヵ国以上にも及ぶ、インド最大の製薬会社です。
ジェネリック医薬品としては、世界トップ10に入るほどの実力を保持しています。
そのカルベラの効果ですが、有効成分はバイアグラと同様のシルデナフィルです。
そのため、服用しての効果や副作用に至るまで、バイアグラを利用した時と、ほとんど一緒と考えて良いでしょう。
服用すると血管が拡張されて、血流量が増加していき、勃起をキープさせる働きがあります。
有効成分は同様ではありますが、製造や製法という面では違いがあります。
そのため、効果が現れてくる時間にも、多少の差があることは承知の上で利用することが大切です。
この薬に限らず、ジェネリック医薬品を服用するのにあたって、こういった部分はすべてのジェネリックにいえることでもあるのです。
服用に関して、注意するべき点の大きな1つは、バイアグラと同様の内容があります。
それは、服用のタイミングです。
お腹が満腹の状態での服用は、オススメではありません。
薬の効果を、より良いものとして発揮するためにも、薬の服用は空腹時にする、ということがポイントになってきます。
薬を飲む時には、通常の薬のように、水で飲んでも良いですし、刺激のないものでしたらその他のドリンクでも問題はありません。
ただし、アルコールに弱いタイプの場合は、アルコールでの服用は避けることです。
薬とアルコールという、ダブルの血管拡張効果により、血流が活発になりすぎて、一気にお酒が回ってしまうことがあるため、できるだけ避けたほうがよいでしょう。
この他にも注意点としては、ニトログリセリン系の硝酸剤と一緒に服用することは禁止です。
不整脈の薬である、アミオダロン塩酸塩錠やアンカロン錠と一緒の服用も、禁忌とされています。
ジェネリック医薬品として、主に100mgが流通しています。
日本人の場合、100mgを半分に割った50mgでの服用が、ちょうどよいとされている分量です。
100mgだと効果が強過ぎるため、摂取する分量も自分に合った適量であることが重要となってきます。

コメントは受け付けていません。 カベルタ