夫のED治療薬購入費削減にカベルタが役立ちました

医薬品の購入費は意外にバカにならないものです。
定期的に医薬品を購入していると、年間を通して結構な金額を使う事になりますよね。
特に新薬しか手に入らない医薬品は価格が高いので、家計に大きな影響を与えます。
我が家では夫のED治療薬の購入に毎月6千円以上を使っていました。
それが現在ではED治療薬の購入費は一月に2,500円に下がっています。
と言っても治療薬の使用頻度は以前と同じです。
我が家では以前はバイアグラを使っていました。
ですが現在はカベルタというバイアグラのジェネリック版を使う事によって、大幅に治療薬の購入費を抑える事が出来ているのです。
夫がEDになったのは2年前の事です。
その晩も普段通りセックスをしていたのですが、夫はなかなかペニスを勃起させる事が出来ない様でした。
それでも何とか勃起させて私の中に入れて来たのですが、途中で萎えてしまってその晩はセックスするのを諦めなければなりませんでした。
ちょっと立腹した私は「私ではもう興奮しないのかしら」と思わず言ってしまいました。
すると夫が「そんな事は無いんだけど、何故か勃ってくれないんだよ」と言って今にも泣きそうな顔をするものですから、「何か体に問題があるのかもしれないから、お医者さんに行ってみたら」と促しておきました。
それから何日か経って夫はお医者さんに相談に行った様です。
お医者さんのアドバイスを受けた夫はバイアグラを買って帰って来ました。
私達はその晩の内にバイアグラを使ってセックスをしてみたのですが、確かに効果は抜群だった様です。
夫のペニスがとても硬くなっているのは私にもわかりました。
ちなみに、夫が言うにはバイアグラは性的に興奮した時に勃起を補助してくれるお薬なのだそうです。
ですので、まず興奮を覚えない事には勃起は起こりません。
その話を聞いて私は「私に対して興味が無くなったわけではないのね」と思って少し安心しました。
ただ、セックスの後で夫にバイアグラの値段を聞いてみると、4錠入り一箱で6,000円かかったというのです。
そんなに値段がするものだとは思ってなかったので、私は驚きました。
バイアグラは新薬なので、値段が高いのは仕方の無い事なのだそうです。
その後、我が家では何回かバイアグラを購入しましたが、私は何とか購入費を安く出来ないかと考えていました。
そしてある日、インターネットでカベルタというジェネリック版ED治療薬を見つけたのです。
私はカベルタはバイアグラと同様の効果を持っていて、約5千円で8錠入りのものが購入出来る様でした。
私たちは大体一月に4錠のバイアグラを使っていたので、このジェネリック版なら一回購入すれば2ヶ月は保ちます。
これなら一月にかかる購入費は2,500円に抑える事が出来る、と思って私はカベルタを購入しました。
さて、注文から一週間後に治療薬が届いたので、早速夫に使って貰いました。
夫は「効果は殆どバイアグラと同じだな」と言っていました。
私がED治療薬の購入費削減にこだわったのは、そろそろ子供が欲しいと思っていて、子育ての為にも出来るだけお金を節約したかったからです。
結果的に、カベルタのお陰でED治療薬の購入費が大幅に削減出来ましたし、現在では子供を授かる事も出来ています。

コメントは受け付けていません。 カベルタ