バイアグラジェネリック、カベルタの飲み方は?

ED治療薬として、絶大な認知度を誇っているのがバイアグラですが、そのバイアグラのジェネリックがカベルタです。
バイアグラが高価すぎて手が出ないという方でも、安価なジェネリックなら気軽に試せるというものです。
カベルタは、バイアグラのジェネリック医薬品ですから、飲み方や注意点はバイアグラと同じだと思って間違いありません。
バイアグラと同様で、空腹時の服用が効果的です。
まったく効かないというわけではありませんが、効果を感じるのに時間がかかったり、効果が弱く感じられる方が多いようです。
服用の仕方としては、性行為を行う前の1時間から30分ほど前に、空腹の状態で服用することをおすすめします。
バイアグラの成分はシルデナフィルですが、カベルタにはそのシルデナフィルが100mgも配合されているのです。
これは、日本人にはかなりの多さですから、服用する時は、ピルカッターで4分の1にカットして服用することをおすすめします。
欧米人に比べて、体格の劣る日本人には、25mgほどが適量です。
服用する時は、200ミリリットルほどの多めの水で服用しましょう。
服用は空腹の時のほうが効果的ですが、空腹のまま性行為を行ってはいかにも持久力がなくなってしまいそうだと心配されるかもしれません。
その心配は無用で、服用から30分ほど立てば食事をしても大丈夫です。
ただ、脂っこい食事は避け、腹八分目ほどにすることをおすすめします。
ぼーっとほてるような感じがすれば、効きはじめてきた証拠です。
カベルタは、持続時間が短いというのが欠点ですが、同じジェネリックのタダリスを合わせて服用すると、勃起力、持続時間ともに、満足できるでしょう。
普段はタダリスを服用し、勃起力の助けが欲しい時はカベルタをプラスすることで、両方の良いところを良いとこ取りすることができます。
ただ、強さも持久力もどちらも欲しいからと言って、過剰摂取にならないように注意しましょう。
満足できる効き目を得るための服用量は、個人個人で違ってきます。
体格も体質も人それぞれ違うのですから、過剰にならないように、自分の適量を微調整しながら探ることも大切です。
2種類のED治療薬を合わせて飲む時は、どちらの注意事項もちゃんと守るように努めましょう。
もともとバイアグラは、狭心症の薬として開発されたことから、血液に関連する病気の薬との飲み合わせは良くないことがほとんどです。
血圧が高くても低くても、服用に適さないこともあります。
特に、高血圧の薬を飲んでいるとしたら、ED治療薬を飲まないほうが無難です。
一緒に飲むことで、血圧が急激に下がってしまう副作用が起こる可能性もあります。
意外に知られていないことですが、グレープフルーツとの飲み合わせも良くありません。
心臓の薬を飲んでいる方は、グレープフルーツを食べないように、病院で指導されることがあると思いますが、それはED治療薬でも同じです。
注意点をよく理解して、楽しいナイトライフを送ってください。

コメントは受け付けていません。 カベルタ