カベルタは、待ちに待ったED撲滅の救世主です

従来の精力剤とかサプリメントとは、一線を画するED薬としてバイアグラが発表されたのは1998年のことでした。
そのニュースはたちまち世界中に広がって世界中の男性が歓声をあげてこの新薬の出現を喜びました。
それまでの精力剤とかサプリメントでは、種類は多くあるものの本当に効果が期待できるものが見当たらず、また個人差が非常に大きくなってしまっていました。
つまり同じ物を服用しても効果のある人、無い人が現れるということなんです。
精力剤、サプリメントというのは、そんなものだという考え方も有りますが、本当にED問題で頭を抱えている人には不親切と言わざるを得ません。
ところがバイアグラ、レビトラ、そしてシアリスの新薬3兄弟はそういったいわゆる再現性の低さを一蹴し、薬として流通するようになりました。
従来の精力剤等は、全身の新陳代謝を大きく改善することで、下半身のパワーアップをはかるという大昔から用いられていた理論で製造されています。
確かに体調が良くなれば、元気になるし、男性性器の勃起力も上がることもあります。
ただ人によっては、体は調子はいいがいまいち性器のたかまりが感じられないということも有ります。
再現性にばらつきがありすぎるのですね。
一方、新薬の場合、男性性器の勃起のメカニズムを詳細に分析し、海面体への血液の流入をつかさどる酵素の働きをコントロールすることで勃起力を上げることに成功しました。
そのためにいわゆる再現性に関しては、飛躍的に向上し日本においても厚生労働省認可の医薬品となっています。
そうした新薬には、それぞれ特徴があり利用者の嗜好で使い分けがなされるようになっています。
バイアグラは、いわゆるED薬の代表選手と言うことが出来るでしょう。
レビトラは、食事した直後でも利用することが出来ますし、シリウスは効果が現われている期間が24時間から36時間あります。
いわゆる夜通し楽しみたいというニーズに対応するものになっています。
これら新薬は、基本的に医師に処方箋を書いてもらい薬局で入手するか、もしくは個人輸入を代行業者に依頼して海外から取り寄せるかと言うことになります。
いずれにしても1錠当たりの価格にすると1500円から2000円程度になり決して安い値段にはなっていません。
その為に、他の高価な薬と同じでジェネリックの利用が進んでいます。
バイアグラのジェネリックというとカベルタということになります。
この薬は、非常に有名です。
インド製バイアグラジェネリックであるカベルタは、シルデナフィルを有効成分として含有しています。
インドハリヤーナー州のグルガーオンに本社のある製薬会社、ランバクシー・ラボラトリーズ社です。
日本ではあまり知られていませんがその歴史は古く、塩野義製薬の販売代理店として、1937年にスタート、1961年には製薬会社と成っています。
そして今ではインド最大の製薬会社に上り詰め、7カ国に製造工場があり販売先は、全世界125ヵ国以上になります。
ED薬の入門としたら、バイアグラ同等のバイアグラジェネリックであるカベルタでしょう。
効果も価格も貴方の期待を決して裏切らないはずです。

コメントは受け付けていません。 カベルタ