バイアグラのジェネリックがカベルタです

最近、ジェネリック医薬品と言う言葉は誰もが聞くようになり、後発医薬品で価格も安いが、成分や効果は先発医薬品と同等で問題ないされ、普通に服用する人も多くなっているようです。
そんな後発医薬品の良さは、なんと言っても価格の安さにあると考えられます。
先発医薬品の3分の1以下などになるなど、支出のことを考えると非常に嬉しい医薬品になるのでしょう。
この安さの秘訣は、研究費とか開発費と言われる新薬に対する面倒さがないことにあります。
既存の薬を手本にするのですから、簡単に製造方法が判り、費用がかからないことになるのです。
そんな後発医薬品のジェネリック品、人気の薬はカマグラやベネグラ、更にはシネグラと言ったED薬と言われるものです。
これらED薬は、先発医薬品のバイアグラ、レビトラ、シアリスのジェネリック品と言われるもので、この他にもカベルタと言われる医薬品もこの部類に入ります。

このカベルタ、有効成分と言われるものはシルデナフィルで、これはバイアグラと同じです。
そのことから基本的に効果とか副作用などは、バイアグラと全く同じと言って良いのでしょう。
しかし同じシルデナフィルを使っていても、製造方法が100%同じな訳ではないため、服用から効き目が現れるまでの時間であったり、効き目が続く時間などに対しては、違いでも出て来ると言えます。
この服用方法は、必ず空腹時に服用することです。
水での服用が良い訳で、お酒などでの服用は極力避けるようにしましょう。
それはお酒には血管拡張効果があり、カベルタにも同様の血管拡張効果があります。
効き目が早くて良いのでは?
と思う方もいるかもしれませんが、血流が良くなりすぎることで、お酒の回りが早く性欲どころの騒ぎではなくなってしまう恐れがあるのです。
またカベルタを服用してはいけない人もいます。
それはバイアグラの服用を禁止された人です。
また、硝酸剤とか一酸化窒素(NO)供与剤、ニトログリセリン等WP投与中の人、心臓や血管障害を起こし性行為が不適当な人など、血管、心臓、脳などに問題のある人などは、服用は出来ません。
もし、初めてこのような薬を服用としようする人であれば、一度病院で診断を受けられると良いのでしょう。

そこで処方箋を書いてもらえるようであれば、身体的に問題がないとなります。
世の中、ED薬と言うものを勘違いされている方多くいます。
それはED薬を服用すれば、とにかく元気になり精力がモリモリ湧いて来ると思っている方が多いのです。
ですが実際において、素敵な女性が目の前に居て、精神的のSEXを楽しみたい、頑張りたいなどの意思が必要です。
この気持ちがないといくら薬を服用しても意味がありません。
最後に日本国内でカベルタを購入する方法は、個人輸入代行者に依頼するしかありません。
この時、実績のあり信用が出きる個人輸入代行者からの購入をお薦めします。
あくまでも正規品の購入が目的です。

コメントは受け付けていません。 カベルタ