人類の繁栄とカベルタの関係

現在、地球では常に人間の数が増え続けています。
時計が時を刻むごとに人口は過去最高記録を更新しており、その数はなんと1分で130人以上が増えていると言われています。
2014年現在では、70億人以上がこの地球上で生活しているのです。
人類が誕生するためには男女両性の存在が不可欠です。
そして、セックスがなければ新しい人間が誕生する事はありません。
こんなにも人間が増え続けているにも関わらず、新しい生命の誕生は神秘的で感動的なものであり、セックスもまた、神秘に包まれていると言えるでしょう。

caverta007

近年の動向

近年、セックスをとりまく環境は複雑になっています。
草食系男子という言葉が流行した時期がありましたが、性に関して奥手な男性が増えています
また、性に関する関心は強いが、興奮しても十分な勃起が得られないというED(勃起不全)に悩む若い男性も急増しています。
かつて無い様なストレス社会や、世界を包む未解決の問題、生きる意味の喪失など様々な環境的要因が若者の心理に影響を与えていることが、その背景にあるようです。
こうした問題は即座に解決するものではありません。
しかし、ED自体には治療薬が存在します。
1999年、世界初のED治療薬として発売され、センセーションを巻き起こした医薬品があります。
それがバイアグラです。
この医薬品は、狭心症治療を目的にしたシルデナフィルという薬品の開発過程で偶然的に誕生しました。
「まるで20代の様な勃起が得られる」として、EDに悩む多くの男性に使用され、多くのEDの悩みを解決して来ました。
バイアグラはその効果の高さから”夢のくすり”とまで呼ばれる様になったのです。
大変効果の高いバイアグラですが、新薬である事と自由診療であることから、個人輸入で購入しても一錠あたり1500円程と決して安いものではありません。
そこで、こうした新薬が開発されると、ジェネリックの開発を求める要望が高くなります。

ジェネリックについて

新薬と同等の効果が得られるジェネリック医薬品は新薬の半額ほどの値段で購入出来るからです
ですが、バイアグラの主成分、シルデナフィルは日本国内で特許が切れていない事から、ジェネリックを開発販売する事は出来ません。
ではバイアグラのジェネリックは存在しないのか、というとそうではなく、インド製のジェネリックが存在しています。
バイアグラ発売当時のインドでは、薬の成分に関する特許が存在していませんでした。
これにより、バイアグラのジェネリック医薬品が開発、販売されているのです。
カベルタはそんなバイアグラのジェネリックの一つとして、日本でも個人輸入を通じて購入する事が出来ます。
インドのRanbaxyLtd.社が製造するこのジェネリックは、非常に安価に購入する事が出来ます。
先に挙げた様に、バイアグラの値段は1錠1500円程で、4錠入りですと一箱6000円以上という価格になります。
対してカベルタは8錠入りで2千円強で購入出来ます。

32錠入りでも5千円以下と、かなりリーズナブルです。
この事から個人輸入で入手する方が非常に多く、EDの悩み解消に貢献しています。
人類糸って大切なセックスの営みを補助してくれている、こうした医薬品の開発は、人間の繁栄を助けてくれていると言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。 カベルタ