カベルタは、バイアグラのそっくりさんです

男性にとって、自分のいとしい女性とのセックスの場においてはいつも力強くありたいし、1人の男性として力強さを誇示したいと考えるものです。
性行為は力強く攻めて、相手を快感の海で溺れさせてみたいという風に考えるのです。
そんな時に、水をさすのが、いわゆるED問題と言うことになります。
男女の濃厚な時間に、このEDが起きてしまうとすっかり水が差されてしまいます。
男性がいくら相手の女性を愛していても、性器が大きく、かたくならなければつながることが出来ません。
そうならないために、日本においてはあまたの精力剤が出回り男性達には愛用者が大変多くいるのが現状と言うことになっています。
個人差はありますが、昔の、かつての勢いを取り戻したいて皆考えるのですね。
そしてそれらの日本の精力剤とはその効能で一線を画する勃起薬として、開発されたのがバイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類の薬です。
特にバイアグラが発売された時は世界中で話題になり、なんとか入手したいという人が殺到して、世界的な社会現象さえも起きた程でした。
日本においては最初は認可がおりず入手が困難でしたが、その後、認可が下りて医師の処方箋があれば日本でも入手出来るようになりました。
ただ、ドラッグストアで目薬を買うように簡単には買えません。
その為、個人輸入という方式で海外製ED薬を入手しようとする人が近年、確実に増えています。
シルデナフィルは、ED(勃起不全)の主材料であります。
その働きは、一酸化窒素を少なくさせる作用がある5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の活動を抑える働きがあります。
日本の精力剤とは、このあたりの考え方に大きな違いがあります。
大体1錠2500円前後の価格が付いています。
この価格は従来の薬価格の相場から言うと割高と言えるでしょう。
そのことは、日本だけでなくて欧米でも同じことは言えます。
一般的に、薬は開発した会社が特許申請をして独占的に製造、販売をすることが出来ます。
そして、その特許が切れるまでの間に今までにかかった莫大な開発費用を回収するというのが一つの形になっています。
ファイザー社のバイアグラはまさにその形で、2014年に特許が切れるまでの間は、今の状態が続くと言われています。
ただインドだけは、法律の縛りが異なることから、同成分の別の薬(ジェネリック医薬品)を作ることが可能な状態になっています。
そのため、ED関連のジェネリック医薬品というとインド製と言われるほど、多くのジェネリック医薬品がインドで作られています。
バイアグラのジェネリックでは、カべルタがことのほか有名です。
このカベルタを製造販売する製薬会社はRanbaxyLaboratories社という会社です。
世界でも有数の大きな会社で、インドでは最大の非常に著名な製薬会社なのです。
そして今からさかのぼること5年前に、第一三共株式会社が買収しています。
2014年以降特許が切れて、以降のジェネリック医薬品の国内販売開始に合わせて、会社としての力をつけておきたかったからと言われています。

コメントは受け付けていません。 カベルタ