インドで生まれ世界で愛用されるカベルタ

私たち日本人にとって、インドは特別なイメージがある国ではないでしょうか。
インドと言えば仏教発祥の地であり、その思想は日本人に大きな影響を与えて来ました。
また、密教に見られる多くの仏像も、インド古来の信仰に端を発しているのです。
そんな宗教や精神文化のイメージが強いインドですが、世界中にはそんなインドに惹き付けられる若者が多く、未だに精神修養の地であるというイメージが根強く残っている様です。
そんな神秘的な印象のあるインドですが、近年は経済の発展が著しく、アメリカや中国に次ぐ経済大国への道を辿っていると言われています。
では、発展著しい現代のインドの医療事情はどの様なものなのでしょうか。
お釈迦様の時代には、インドの河には死体が常に浮いていたと伝えられていました。
ですが、現代のインドでは非常に医療は発達しており、日本と比べて何ら遜色のないものとなっています。
物価水準の低いインドでは高水準の医療が安価で受けられる事から、メディカル・ツアーと称して治療のために長期滞在しにくる外国の方が増えているそうです。

さて、そんな医療の発達したインドには、世界有数の規模を誇る製薬会社が存在しています。
特に、RanbaxyLaboratoriesという製薬会社は世界でも指折りの大企業で、ジェネリック医薬品の分野では世界でも10位以内に入るシェア率を誇っています。
そんなRanbaxyLaboratories社が開発販売しているカベルタというED治療薬をご存知でしょうか。
カベルタはバイアグラのジェネリック医薬品として誕生しました。
バイアグラ同様にシルデナフィルを主成分としており、世界中のEDに悩む男性達に愛用されています。
日本においても個人輸入を通じて購入される方が多くなっています。
実は、インドではバイアグラのジェネリックが多数製造されているのです。
一方、日本では特許法の関係でバイアグラのジェネリックは開発されていません。
何故インドでは、バイアグラのジェネリックが開発出来るのでしょうか。
実はインドでは、薬の主成分に関する物質特許というものが定められていませんでした。
その為、シルデナフィルを主成分としたジェネリック医薬品を開発する事が出来たのです。
現在では2005年の薬事法改正に伴い、物質特許も制定されました。
ですが、既に開発されている医薬品は継続して販売が出来る様になっています。

この様な話を聞くと、商魂逞しいと感じる方もおられるかも知れません。
また、ジェネリックについて安全性を疑われる方もおられる事でしょう。
カベルタはFDAに承認された医薬品です。
FDAはアメリカにある食品や医薬品、生活用品の安全性を承認する機関です。
世界的な権威ある機関に承認されたカベルタは、十分に信頼できるED治療薬だと言えます。

まさに、インドの方の逞しさが詰まった製薬であり、男性の逞しさを取り戻させてくれる治療薬だと言えるのではないでしょうか。
バイアグラと同様の効果を得られ、半額以下で入手出来るインド生まれのカベルタは世界中の男性達のナイトライフを支え続けています。

コメントは受け付けていません。 カベルタ