ジェネリック医薬品のカベルタとは

薬が市場に出回るまでには、企画・開発から実験、治験など臨床検査を経て承認がされなければなりません。
こうして新しく認可を受けて発売が開始された医薬品を新薬と言います。
さらに、ジェネリック医薬品という言葉を聞かれたことがおありでしょうか。
ジェネリック医薬品は、製造特許期間の満了になった新薬を他の製薬メーカーが同じ方法で製造したお薬のことです。
ジェネリック医薬品の特徴は、既に作り方のレシピがある医薬品を製造していることです。
ですから、開発や実験のコストがなく製造できるので市場に出回った時に薬価が新薬に比べてかなり安いのが一般的です。
現在、いろいろな新薬のジェネリック医薬品が市場で発売されています。

例えば勃起不全・EDの治療薬として知られている医薬品はバイアグラ・レビトラ・シアリスと3種類ありますが、それぞれにジェネリック医薬品が登場していて、中でもバイアグラのジェネリック品は多種類製造されています。
特にインド国内ではED治療薬のジェネリック医薬品の生産量が多く有名です。
そのひとつにカベルタという医薬品があります。
カベルタはバイアグラのジェネリックですから、有効成分ももちろんバイアグラと同じ「シルデナフィル」を含有しています。
製造しているのは、ランバクシー社という製薬会社です。
この会社はジェネリック医薬品市場では全世界でも10本の指に入るほどのシェアを持ち、当然インド国内では最大の製薬メーカーで世界のあちこちに工場を置いて120か国以上に製品を輸出しているのです。
また日本国内では、東京の日本橋に本社を持つ第一三共エスファ株式会社がカベルタの製造メーカーであるランバクシー社と技術連携しています。
カベルタはバイアグラのジェネリツク医薬品で当然有効成分も同じなので、服用の仕方などについてはほとんどバイアグラと同じです。
バイアグラは血管の拡張や血流量に作用して勃起を維持することを目的に開発されています。

飲み方については、バイアグラは食事の影響を受けやすい性質があるので空腹時に服用することが一番ですが、この薬も同様に空腹の状態で飲むのが服用上のポイントです。
水以外の物で飲むことについては、血管拡張効果があるとされるアルコールと一緒に飲むのは特にお酒が弱い人は避けた方がよいでしょう。
またEDの症状に悩んでいる男性にとっては薬価も安く福音のような薬であると言えますが、医薬品である以上どんな薬にも使用上の注意点というのがあります。
シルデナフィル製剤のバイアグラが硝酸系の製剤たとえばニトログリセリン系などの心臓疾患薬と併用できないのは有名ですが、同じ有効成分で作られているカベルタにもバイアグラ服用の際の禁忌事項が当然あてはまります。

硝酸剤の使用の他にも、肝機能障害や血圧に異常が認められる形もシルデナフィル製剤の投与は禁忌とされています。
ジェネリック医薬品を使って安全にED治療をするにあたっては、医師の処方と指示をきちんと守ることが何より大切なことです。

コメントは受け付けていません。 カベルタ