ジェネリック医薬品のカベルタ

今やジェネリック医薬品のED治療薬は珍しく無くなってきました。
風邪薬などを病院で処方してもらう際に、ジェネリック医薬品を選択出来ることも多くなってきましたよね。
ED治療薬のジェネリック医薬品に、カベルタというものがあります。
効果が期待できる成分としてシルデナフィルが使われており、バイアグラのインド製のジェネリック医薬品となっています。
製造国のインドでは絶大な人気を誇る、バイアグラのインド製ジェネリック医薬品となっています。
またインド国外でも多くの国で販売されています。
インドで人気の高いED治療薬を製造販売しているこの製薬会社は、ジェネリック医薬品のトップシェアであり、なんと全世界でトップ10に入るほどの大きな会社なのです。
そんな製薬会社はインド国外にも、数多くの工場を持っており、インド最大の製薬会社となっています。
このようにインドで人気の高いED治療薬であり、服用することで血管を広げ血流量をアップさせ、ぺニスの勃起力を高める効果が期待できます。
最近性行為のときに興奮しているのに、ぺニスの勃起力がいまいちだと悩んでいる方にはおすすめです。
こちらを服用することで、低下してしまった勃起力が改善出来ます。
またジェネリック医薬品なので、大変リーズナブルな価格で、チャレンジもしやすいです。
効果を最大限に引き出すためには、空腹時に飲むことが大切です。
お腹が空いていても、服用するまでは食事を我慢するようにしましょう。
錠剤なので服用するときに飲む、飲み物の制限も気になりますね。
基本的に飲み物はなんでも大丈夫です。
しかしお酒と一緒に飲むのはあまりおすすめしません。
特にお酒の弱い人は辞めておきましょう。
血管を広げる効果があるので、お酒と一緒に飲むことで、想像以上にお酒が回ってしまい、倒れてしまう可能性が高いからです。
ただ一緒に飲んではいけないくすりはあります。
それは硝酸剤と不整脈のくすりです。
これらと一緒に服用することで、場合によっては命の危険にさらされることもあるので、絶対に避ける必要があります。
カベルタは100mgが主流になっているのですが、日本のバイアグラの2倍の量の有効成分が入っているため、人によっては効果が出すぎてしまう場合があるのです。
ですから大柄の人以外は、100mgのものを半分にして服用し、様子をみてみるのが良いでしょう。
また大柄な人でも初めて服用する際は、半分にして飲んだ方が安心です。
錠剤を半分にするのには、ピルカッターが便利です。
くすりを販売している通販などで購入することが出来、値段も数百円ほどで販売されています。
ジェネリック医薬品のED治療薬で、インドの大きな製造販売しているのですが、日本では処方してもらうことが出来ません。
そのため通販サイトで個人輸入をして購入するしかありません。
インドまで行きインドの病院で処方してもらうことが出来ますが、お金もかかりますし現実味がありません。
個人輸入自体は危険性はほとんどなく安心なのですが、通販ではカベルタの偽者品も多く出回っています。

コメントは受け付けていません。 カベルタ