カベルタはバイアグラのジェネリック品です

東京のような大都会に住み、仕事をするようになると多くのストレスを抱えるようになる恐れが大きいと思われます。
通勤時間、電車等の交通機関で混雑、夜遅くまでの残業、更にはたくさんの企業との競争も激しく心休まる時間もないと言う人も多いのではないでしょうか。
そんな状況から若くしてEDになってしまったと言う人もたくさんいます。
このEDとは、勃起不全状態になってしまう人を言います。
このEDは、精神的な要素も大きく肉体的に問題がない場合でも症状が現われることがあります。
大好きな女性が目の前でも、どうしようもなく、地団駄を踏んでしまう経験された方もいるのでしょう。
そこで勃起不全解消の薬として開発されたのが、誰もが知っているバイアグラです。
このバイアグラ当初は、抗狭心症薬として開発が進められたのですが、効果がありませんでした。
しかし思わぬ副作用があり、それが勃起不全解消に役立ったのです。
その結果、開発をしていたファイザー社は、思わぬ利益を得るようになりました。
偶然とは、恐ろしいものです。
そんなバイアグラは先発医薬品と言われ、特許を持つことで独占販売が可能になります。
特許期間は、10年とか20年とかあり、その間は他の製薬会社は同様な薬の販売は出来ないのですが、国内ではその特許が認められていない時期があり、後発医薬品の製造が早かったのです。
その後発医薬品が、ジェネリックと言われるものです。
そんなインドで製造されたカベルタと言われる医薬品が、バイアグラのジェネリック品となり、販売されているのです。
ではこの先発医薬品と後発医薬品では、どのような差があるのかを調べてみましょう。
バイアグラもカベルタも基本成分は同じであり、効果も同じ程度と言われています。
多少の差はあれども、実質的は同じように効き目の働きがある薬と言うことです。
ですから空腹時の服用することや持続時間も5~6時間と言われることなど、似たような効果を示します。
カベルタは、主として100mgが販売されていますが、身体の小さい日本人はこの半分の量でも十分と言われます。
身体の大きな人なら良いのですが、出来るなら半分にカットして服用される方が良いとされています。
そしてジェネリックの特徴としては、価格が安価で済みます。
バイアグラの半分以下であることは間違いありませんし、購入先によっては、10分の1程度の価格にもなることがあります。
更にカベルタを半分にカットして服用することで、更に価格が安くなる計算になります。
薬代も塵も積もれば山となると言われるように、年月を重ねることで相当な費用になってしまいます。
無駄な費用をかけることより、安価で済むのですからジェネリック品の服用が良い時代になりました。
安価だからと言ってどんな業者から購入しても良い訳ではありません。
信頼のおける業者を選ぶことが、大事になって来るのでしょう。
インターネットからの購入になりますので、慎重になりましょう。

コメントは受け付けていません。 カベルタ